専業主婦が家族にバレずにカードローンを利用するには

収入証明書や同意書の提出は必要?

専業主婦の方も色々とお金がかかるものですので、カードローンを利用したいと思うこともあるでしょう。しかしお金を借りるとしたら夫などの家族に知られないようにしたいと考えることがあるのではないでしょうか。家族に知られないようにするには、どういった点に注意をすべきなのかを把握しておくことも大事です。まず知っておきたいのは、収入証明書や同意書の提出をしなくても良いかという点です。この点は、家族に知られないようにするために重要なポイントなのです。収入証明書に関しては、それぞれの自治体において同一世帯であれば取得可能です。しかし、自治体によっては委任状が必要になる場合もあります。もし専業主婦のあなたが収入証明書を自身で取得したとしても、世帯主である夫が取得する際に取得履歴を見ることができることから、知られてしまうことが考えられます。

筆跡を見て確認をされることがある

これは同意書の場合も同様です。夫に代わって書けば大丈夫ではないかと思われる方もいらっしゃいますが、筆跡を見て確認をされることがあるので、カードローンの審査には通過できないということになってしまいます。書類の偽装や虚偽の申告ということになり、審査に通ることはなくなってしまうでしょう。もし少額を借りるならば収入証明書を提出する必要がない、銀行カードローンを利用することもポイントです。

家族に知られたくない方はネットを活用

銀行の中には、郵送で利用明細書を送ってくる会社も多くあります。契約を済ませた後で、利用明細書を不要とする手続きを踏む必要がある場合もありますし、最初のシステムで明細が郵送されないものの、後から希望であれば郵送できるというケースもあります。申込むことや契約をする際には利用明細の扱いがどの様になっているかという点を知っておく必要があるのです。今の時代はネットで利用明細の管理や閲覧ができる時代となっているので、家族に知られたくない方はネットの利用明細を活用されることが適しています。

オプションとして本人限定受取がある

もし家族に知られずに申込みができたとしても、後からカードローン会社からの郵便物が書留で郵送されてくることがあります。妻がいない時に夫が郵便を受け取り開封してしまうことで明るみになることが少なくないのです。簡易書留だと同一世帯に住んでいれば受け取るこことが可能なので、オプションとして本人限定受取があるかどうかも確認しておく必要があります。このサービスは、郵便局に荷物が届いてからどこから荷物が届いているかということが通知で送られてきます。その通知を持って郵便局に荷物を受け取りに行くのです。

主婦がカードローンを使うためには

仕事をしているなら利用可能

主婦の中でも仕事をしている人は、毎月安定した収入が期待できます。カードローンの審査は金融機関によっても違いますが、基本的には年齢・収入・職業・家族構成等が基準となっています。これをクリアしていれば融資を受ける事が可能となるので、仕事をしている場合は主婦であってもカードローンの利用は不可能ではありません。また限度額は少なくなってしまいますが、パートやアルバイト等の雇用形態でも収入が安定しているなら仕事・収入の面の条件はほぼクリアしています。

仕事をしていなくても利用は可能な事がある

総量規制により、収入がない人は原則的には消費者金融からお金を借りる事はできなくなりました。スピード審査・融資という事でとても便利ですが、残念ながら利用はできません。しかし銀行で申し込めば総量規制の対象外となっているので仕事をしていない主婦でもカードローンの利用は可能です。ただ配偶者の年収等を聞かれたりする事もあるので、何を聞かれても答える為に必要な物は用意しておきましょう。

消費者金融でも利用できる事はある

専業主婦の場合、総量規制の対象となるので消費者金融のカードローンは原則的には利用できません。しかし配偶者の同意書、収入証明等を用意する事ができれば、ローンを利用することはできます。ただこの場合は配偶者が既に年収の3分の1までの借入をしている時は利用できないので注意しましょう。またこの方法だと配偶者にカードローンの利用を知られてしまうので、秘密にしておきたい人は消費者金融ではなく銀行を利用する方が得策です。ただ銀行の方が審査が厳しいのを理解してから申し込みましょう。

地方銀行かメガバンクか

銀行にカードローンを申し込む時は、できるだけ金利に目を向けてどこの金融機関にするかを決めましょう。地方銀行かメガバンクか、金利の比較をして低い方を選ぶのがおすすめです。主婦が自分名義の借金を返済する為には、家計を切り詰めるか収入を増やすかどちらかしかないと言っても過言ではありません。無理せずに返済する為にも、高金利の借りやすい金融機関ではなく、低金利の審査が厳しい所を利用する方が結果的にはお得です。

主婦がカードローンを使うためには

働く主婦のカードローン契約

正社員、契約社員、派遣社員、パートなど雇用形態に限らず個人的に収入を得ている主婦なら、個人的な判断でカードローン契約をすることが可能です。しかしパートで働く方は収入があまり多くないため、審査が厳しめに寝る傾向があります。その際は審査条件が緩いカードローンへ申し込みをするようにしましょう。

収入があれば問題なし

カードローンの申し込み条件に、安定した収入を得ている人とあります。安定した収入の定義は年収200万円程度です。正社員で働く方なら年収200万円くらいなら問題ないでしょうが、パートで働く方だと少々厳しいのが現状です。ただ、年収200万円は目安であり、実際のところは金融会社によって一概ではありません。中でも消費者金融は審査が緩いとされており、アルバイトやパート、学生さんにも融資可能としているので、年収が低い方は消費者金融を狙ってみるといいでしょう。

専業主婦のカードローン契約

安定した収入がカードローン申込みの条件ですので、原則として収入がない専業主婦では申込みを行うことはできません。かといって、他にお金を貸してくれるところがないのならカードローン契約を諦めるわけにもいかないでしょう。そこで、その場合は配偶者貸付の制度が利用できます。これは配偶者がいる方のみに適用される制度です。年収がない専業主婦が申し込みを行っても、配偶者がいれば、その配偶者の年収で審査を受けることができます。これはパートで年収が少ない主婦でも利用できる制度です。

夫へ相談すること

配偶者貸付を利用するのなら、夫から同意を得る必要があります。よって、まずは夫に借入れの相談をしなくてはなりません。従来ですと、年収に関係なく契約できたため夫に内緒で契約してしまう主婦も少なくはありませんでした。しかし、それだと、バレた時には離婚にもつながる大問題に発展してしまうケースも少なくはなかったのです。夫婦のお金ですし、夫婦本来の在り方として相談するのは正しいことですので、きちんと話し合いをしてから申し込みましょう。

主婦のための配偶者貸付について

主婦のカードローン契約が難しくなった

2010年に貸金業法にて、年収3分の1以上の貸付は禁止するとした制度が施行されました。この規制により、個人的な収入が全くない専業主婦やパートで十分な収入を稼げない主婦の借入れが絶望的になっています。今までも主婦のカードローン契約率は非常に多かったので、この制限で生じ得る色んな問題も懸念されていますが、しかし正規のカードローン契約をする手立てが全くなくなったわけではありません。

配偶者貸付を活用する

主婦は申し込み時に配偶者貸付が利用できるようになっています。配偶者貸付とは、収入がない又は少ない専業主婦・主夫のために設けられた制度であり、自身の年収へ配偶者の年収を合算させてカードローン申し込みが行える制度です。総量規制に関しても合算した年収で判断されるため、配偶者の年収次第で高めの融資額も期待できるでしょう。ただし、利用するにあたり幾つかの条件をクリアしないとなりません。

配偶者貸付を利用するにあたり

配偶者貸付の利用条件は2つあります。一つ目は配偶者の同意を得ること、二つ目は配偶者との婚姻関係を証明することです。同意を得るため、配偶者に内緒で契約することはできません。相談をしたうえで、配偶者の直筆で同意書のサインをもらう必要があります。婚姻関係を証明するためには、住民票又は戸籍抄本の提出が必要です。また、事実婚の場合は住民票の続柄に未届の配偶者を記載しているものになります。これに加え、借入の額が一定額以上になる場合には配偶者の収入証明書も提出しなくてはなりません。収入証明書の提出が求められるケースは多くないですが、用意しておくに越したことはないでしょう。

夫への返済責任は

配偶者貸付を利用してカードローン契約をしても、夫に返済責任が生じる可能性はゼロです。配偶者貸付で行う同意はカードローン契約に対する同意と、個人信用情報機関に情報を登録することの同意です。保証人になることへの同意ではありませんので、よって仮に妻が返済できなくなったからと言って夫に返済義務が生じることはありません。