専業主婦が家族にバレずにカードローンを利用するには

専業主婦の方も色々とお金がかかるものですので、カードローンを利用したいと思うこともあるでしょう。しかしお金を借りるとしたら夫などの家族に知られないようにしたいと考えることがあるのではないでしょうか。家族に知られないようにするには、どういった点に注意をすべきなのかを把握しておくことも大事です。まず知っておきたいのは、収入証明書や同意書の提出をしなくても良いかという点です。この点は、家族に知られないようにするために重要なポイントなのです。収入証明書に関しては、それぞれの自治体において同一世帯であれば取得可能です。しかし、自治体によっては委任状が必要になる場合もあります。もし専業主婦のあなたが収入証明書を自身で取得したとしても、世帯主である夫が取得する際に取得履歴を見ることができることから、知られてしまうことが考えられます。

これは同意書の場合も同様です。夫に代わって書けば大丈夫ではないかと思われる方もいらっしゃいますが、筆跡を見て確認をされることがあるので、カードローンの審査には通過できないということになってしまいます。書類の偽装や虚偽の申告ということになり、審査に通ることはなくなってしまうでしょう。もし少額を借りるならば収入証明書を提出する必要がない、銀行カードローンを利用することもポイントです。

銀行の中には、郵送で利用明細書を送ってくる会社も多くあります。契約を済ませた後で、利用明細書を不要とする手続きを踏む必要がある場合もありますし、最初のシステムで明細が郵送されないものの、後から希望であれば郵送できるというケースもあります。申込むことや契約をする際には利用明細の扱いがどの様になっているかという点を知っておく必要があるのです。今の時代はネットで利用明細の管理や閲覧ができる時代となっているので、家族に知られたくない方はネットの利用明細を活用されることが適しています。

もし家族に知られずに申込みができたとしても、後からカードローン会社からの郵便物が書留で郵送されてくることがあります。妻がいない時に夫が郵便を受け取り開封してしまうことで明るみになることが少なくないのです。簡易書留だと同一世帯に住んでいれば受け取るこことが可能なので、オプションとして本人限定受取があるかどうかも確認しておく必要があります。このサービスは、郵便局に荷物が届いてからどこから荷物が届いているかということが通知で送られてきます。その通知を持って郵便局に荷物を受け取りに行くのです。