審査で必要な在籍確認!専業主婦の場合にはどうなるのか

カードローンを申込むと、審査の際に在籍確認がされるのが通常です。申込み者の勤務先に電話をかけることで、申込み者が本当にその職場に勤務をしているのかを確認するために行われるものです。お金を貸す側としても、申込み者が安定収入を得ているのか、どういった会社に勤めているのかという点などを重要に考えているということです。勤め先の中でも、公務員は特に信用度が高いと言えます。それ以外では大手企業の正社員なども信用があるでしょう。その他は信用度の順で言うと、中小企業に勤めている正社員、派遣社員、そしてパートやアルバイトとなります。

では、専業主婦の場合はどうなるのでしょうか。専業主婦は勤務先がありませんので、勤め先を記入する欄は書く必要もないのです。それに、カードローンによって配偶者の勤務先を書く業者とそうでない業者と2種類あります。また、専業主婦の方であれば職場ありませんので、在籍確認自体が行われないこともあります。ただ、業者の中にはご自宅か携帯電話に在籍確認としてかけてくることがあることも知っておきましょう。携帯電話にかかってくるのであれば、周囲に借入のことを知られてしまう恐れはないと言えます。

どの様に在籍確認が行われるのかと言いますと、基本的には電話が使われます。業者の担当者が個人名もしくは業者名で職場にかけて、申込み者の在籍の有無を確認するのです。電話がかかってきても、ご本人が受ける必要はないでしょう。その会社で申込み者が勤務しているという点がわかることが重要ですので、不在あっても問題ありません。担当者の個人名でかかってくることが多いので、カードローンの在籍確認だということは知られることはないと考えられます。

もし女性向けのローンをご利用になる場合には、在籍確認も女性スタッフが行いますので、女性からかかってくるなら、申込んだ方が女性なら違和感があまりないので安心できるのではないでしょうか。専業主婦の場合であっても、在籍確認のシステムに変わりはありません。個人名か銀行名(借入をしている業者)を名乗って電話をかけてきて、その家にいるということなどが確認されるのです。

もしご自宅に電話がかかってきても、本人が不在でありご家族が受けた場合に『出かけています』などと言ってくれたなら、その家にいることが確認できますので、在籍確認ができるということです。自宅の固定電話にかかってくることも抵抗があるという場合には、携帯電話の番号のみの申請でも問題がないケースもあります。