専業主婦も借入OK!配偶者貸付について

金融業者の世界では、貸金業法による総量規制があります。これは、消費者金融において年収の1/3以上は借りられないという規制ですが、収入があることが前提ですので、収入のない方は借入ができないということになります。それは専業主婦の方ももちろん対象となってしまいます。しかし、お金が借りられないと生活が立ち行かなくなってしまうこともあるのです。借入をしたいからと言って、贅沢をしたいということや、遊興費などに使いたいということではないということです。そうしたときに収入がないことや少ないことでお困りの方のためにあるのが、配偶者貸付なのです。これは、総量規制の例外となっています。

配偶者貸付では、配偶者の収入と合わせて年収の1/3までなら借入ができるというものです。要するに、配偶者の年収が250万円で申込み者が50万円ほどの収入を得ている場合には、その合計額である300万円の1/3である100万円まで借入をすることができるということです。ただ、その額を借り入れられるのは他の業者から借金をしていない場合に限られます。もし配偶者が他で100万円を既に借りてしまっているなら、配偶者貸付を受けることはできないのです。

配偶者貸付を受けるためには、手続きに多少手間がかかることが特徴です。まずは配偶者の同意書を用意しなければいけません。ということは、配偶者の方に内緒で貸付を受けることができないということです。また、夫婦関係にあるという証明をしなければいけませんので、住民票とか戸籍抄本などといった公的証書を取得する必要があります。

では、どういった機関で配偶者貸付を受けることができるのでしょうか。消費者金融については、現在は契約者である方自身に安定した収入がなければ利用することができない業者がほとんどとなっています。ただし、パートなどをされているなら利用できるケースがありますので、パートなどを始めることができるなら、お仕事をするようになってから利用することも手段の1つです。銀行の場合も契約者自身に安定収入が求められるケースが多いですが、ある金融機関では上限を30万円までとし、契約者に収入がない場合でも、配偶者に安定した収入があれば利用できます。他の金融機関のカードローンも同様の条件である機関があります。また別の金融機関では、契約者に収入がなくても上限50万円まで配偶者貸付を利用できます。さらに、契約者に安定収入があることが原則とされていますが、中には専業主婦でも問題ないケースもあります。