専業主婦がカードローンを利用するなら返済についてもチェック!

専業主婦がカードローンを利用するとすれば、返済についてもきちんと把握してから借りることが大事です。まず、返済方法については3種類があります。1つ目は自動引き落としです。毎月訪れる返済期日に、指定した口座から自動で引き落としになるという方法です。この方法のメリットはわざわざ支払いに出向く必要がない点ですが、ご自身の返済用の口座の残高管理はしっかりとすることが大事となります。

また、ATMから返済をすることもできます。カードローンの業者の店頭に設置されているATMも利用できますが、提携しているコンビニのATMも利用できます。ATMではメイン画面で預け入れもしくはご返済を選んで返済をしましょう。さらに、インターネットバンキングを利用して返済することも可能です。お金を借りている金融機関が指定する口座に振り込んで返済をするのです。パソコンやスマートフォン、携帯電話を利用して24時間いつでも返済できる点が魅力です。

返済するなら、返済方式についても知っておく必要があります。要するに、毎月訪れる返済日に幾らずつ返済していくことになるのかというシステムのことです。カードローンで多いのはリボルビング方式です。これは、毎月の支払額を抑えることができる方式です。『残高スライド元利定額リボルビング方式』では、借り入れた額の残高によって最低返済金額が決まります。よって、残高が少なくなればそれだけ返済額も少なくなっていきます。30万円借りたとしたら、15000円が返済額になりますが、どんどんと返済をしていき10万円まで額が減った場合には返済額も10000円になるのです。

その他には、元利定率リボルビング方式もあります。こちらは、借りた額の残高に利息が加えられた金額について、決まった率の金額が最低返済額となる方式です。元金定率リボルビング方式というものもあり、この場合には借りた額について決まった率の金額に金利が加えられた額が最低返済額となります。

返済までにはどの程度の期間の猶予があるのかと言う点については、気になるところでしょう。しかし金融機関によって返済期日は異なります。例えば、毎月5日と決められている業者もありますし、日にちの決定は自由となっているケースもあるのです。中には35日ごととされていることがありますが、35日ごとである場合には、初めのうちは返済日が借りた翌日から35日後となります。1度返済をすると、次回は返済した日の次の日から35日後になるでしょう。