専業主婦がお金を借りる際のポイントとなるのはどんなところ?

専業主婦の方であっても、お金を借りたいと思うことはあるでしょう。しかし、消費者金融では専業主婦は借りられないのです。それは、総量規制により収入がない方には貸すことができないことになったからです。ただ、例外として配偶者に安定収入があるなら借りられる(配偶者貸付制度)というケースもあります。しかし、消費者金融では融資をしていません。それは、消費者金融としては利益を考えた場合に利点があまりないからと考えられます。配偶者貸付制度は、利用するとなると何種類もの書類を提出する必要があります。その書類を確認しなければならず、その手間が大変にかかってしまうために、利益があまりないのです。

また、専業主婦の方はお金が必要になったとしても、借りられる機関の選択肢が多くありません。消費者金融で借りたいとお考えになるとしても、大手であれば即日融資なども行っていますし便利なのですが、専業主婦は大手の消費者金融を利用することができないのです。では、中小規模の消費者金融ではどうなのでしょうか。中小企業では、配偶者貸付制度などを行っていることもありますが、あまり有名ではなく名前を知らないような業者が多いことが特徴になります。よって、そういった業者には注意をしなければいけないでしょう。ブラックでも融資してくれるということを謳っている業者もありますが、もしかしたら闇金業者である可能性もあるので、気を付ける必要があります。

お金を早く得たいと考えている時には、便利なことや借りやすいなどといった上手い話しに縋り付きたくなることがあります。お金を作る方法としては、クレジットカードを現金化するというものがあります。どういったものかと言うと、クレジットカードにあるショッピング枠を用います。ショッピング枠で商品を購入してから、その商品を買い取ってもらうことで、利用者がお金を得ることができるのです。

問題点があるように見えないかもしれませんが、ショッピング枠を買い取ってもらい現金化することは認められない行為です。この点については、クレジットカードの利用規約にもきちんと明記されていますので、現金化をされる前に今一度利用規約にしっかりと目を通すことが大事です。もし規約に反してしまうと、クレジットカード自体が使えなくなってしまう恐れがあるうえに、ショッピング枠を使うことになるので、かえって借金が増加してしまうことも考えられるでしょう。