参考になる!専業主婦がカードローン利用をした体験談とは

専業主婦の方がカードローンを利用したいのなら、申込む前に以前カードローンを利用したことのある専業主婦の方の体験談を参考にされることも一案です。

ある女性は、独身時代は仕事に就いていたものの、結婚をしたことで仕事を辞めて専業主婦になりました。結婚して引っ越しをしたことも退職した理由だったのです。また、仕事と家事を両立させることも難しいだろうということから、夫と相談し新しい環境に慣れるまで家庭で頑張るということにしました。

それでも、家計のやりくりも簡単ではなく赤字になってしまうこともあり、多くはない貯蓄を取り崩して凌いできたのです。しかし、その貯蓄も段々となくなってきてしまい、悩んだ後に夫に話すこともできずに独断でカードローンを利用しました。カードローンについては、どの業者が良いのかという点について情報収集をして、比較検討しました。そして、その方が申し込んだのはネット銀行でした。決め手となったのは、金利が低い点と返済額が毎月2000円程度で済むと言う点です。

申込み後には、業者からすぐ電話があり送付すべき必要書類などについての説明があったということです。電話では様々なことを聞かれるのではないかと思っていたということですが、簡単なやりとりをしただけだったということです。それから本人確認ができる運転免許証を送付し、本審査にも通過することができました。ローン用のカードは1週間ほど経ってから送られてきたのです。

その方は3万円借入をしてお金の厳しくなる月末の時期を乗り切ることができました。夫は仕事で帰りも遅いことから、業者から送られてきた書類も見られることなく、借りたことも知られることはありませんでした。ただ、借りられたことに気を良くして借金を増やすようなことがないように、やりくりをきちんとしていきたいと話しています。

また、リーマンショック後から夫の給与が減ってきたという専業主婦の方がいます。その方もパートをして家計を支えたいという考えがあるものの、お子さんがまだ保育園に入園できる月齢でもないため、働くことができないのです。お子さんが保育園に入れるまでは家計も厳しい状況になりました。そこで、足りない生活費を補うために借りられるところを探し、仲良くしているママ友に相談するとスマートフォンを使い1分で借入診断ができる業者があるということを教えてもらい、申込んだということです。夫には話せなくても、周囲の友達などに聞いてみることも有効であるということです。