どうして?専業主婦がカードローン審査で落ちる理由に迫る

専業主婦がカードローンの審査を受けた場合に、落ちてしまうこともあります。しかし、落ちてしまった理由について業者は教えてはくれないのです。そうなると、申込んだ側としてはどうして落ちたのだろうと考えるかもしれません。ただ、理由を開示しないのは、再度申込む際に自身に有利になるように嘘の記載をすることを避けるためなのです。そういった点を理解しておくことも大切だと言えます。

ただ、どういった理由で落ちてしまったのかということを推測することはできます。まず、銀行のカードローンであれば専業主婦も申込むことができます。それは、総量規制がないためご本人が収入を得ていなくても借りることができるからです。ただ、専業主婦の場合は借りられる額に制限があることを知っておく必要があります。通常は30万円から50万円が限度額なのです。この限度額は配偶者の方の収入で変動することはなく、配偶者の方が多く稼いでいるとしても、50万円までしか借りることはできません。

また、この限度額は合算して考える必要があります。要するに、30万円が限度額なら、1社目で20万円借りているなら、2社目では10万円まで借りられることになります。そして、それ以上の借入はできなくなるということです。そういった理由から、限度額を超えている場合には審査に落ちてしまうことがあるということなのです。

さらに、専業主婦だけではないものの個人使用情報機関に金融事故(返済の延滞など)が記録されてしまっている場合には、審査に通過することはできないでしょう。要するに、ブラックになっているということです。例えば、スマートフォンの利用代金の未払いなどは見落としてしまいがちです。携帯端末を購入する場合には、毎月の基本料金に加えて端末代を分割で払っていくことになるのが通常ですが、その分割で支払っている代金についても、個人信用情報に記録されることを覚えておきましょう。

そして、この他で多いのが申込み時の申請で記載ミスがあることです。フリガナの間違いや記入漏れなどもよくあることなのです。分かり辛い印鑑や、訂正をするとしてもその方法が適切ではなかったということで落ちてしまう方もいるのです。それに、申請した内容が事実ではない場合ももちろん審査に通過することはできないでしょう。審査に通りたいということで嘘を明記したとしても、審査の過程で明るみになってしまう可能性があるのです。