審査に通過したい!専業主婦が気を付けるポイントとは

カードローン審査に通過するためには、専業主婦も覚えておくべきポイントがあります。まず、あなたの個人信用情報を確認することです。滞納をすることや債務整理をしたという情報が残っているならば審査に通過することはできません。なので、そういった情報が記載されていないかをカードローンの申込み前にチェックすることが大事です。

審査に通過できないと言う場合には、個人信用情報機関に情報開示の請求をしましょう。国内には、個人信用情報機関が3つあります。まず1つめにご紹介する機関は信金、貸金業者や一部の地方銀行、そしてリース会社などが加盟しています。消費者金融や信販会社から借りた場合に記録されます。専業主婦であれば、配偶者貸付制度が利用できる業者から借りたことがあるなら、こちらに記録される可能性があるでしょう。専用窓口や郵送、電話での開示請求になります。

2つめの機関については銀行や農協、信用金庫が加盟しています。銀行や信用金庫、農協から借りたことが記載されます。専業主婦は主に銀行からお金を借りられるので、銀行から借りたことがある場合には、こちらに記録されていることが考えられます。こちらは、郵送のみで開示請求ができる点が特徴です。

最後にご紹介する機関は、クレジットカードや一部の地方銀行、消費者金融、リース会社などが加入しています。クレジットカードの利用状況も記録されますので、クレジットカードをご利用の専業主婦はこちらの確認も大事ではないでしょうか。開示請求の方法については、専用窓口(開示相談室)や郵送、電話、そしてインターネットが利用できます。

もし限度額が可能な分を超えてしまっている場合には、審査に通過することはできないことが考えられます。もし限度額に近い額を既に借りてしまっているのなら、残高を減らしていくことも大事ですし、できるなら完済をしてから新たに申込むようにすることが賢明と言えるでしょう。また、例え借入額そのものが低かったとしても、借りている件数が多ければ、それが審査では落ちてしまう要素となり得ます。1つの借入だけでも返済をし終えてから再度申込むようにしましょう。さらに、幾つでも申込んでおけばどれかは審査に通過できるだろうという思いから、1度に何件も申込むこともいけません。申込んだだけでも、個人信用情報機関に記録されてしまい、審査に響いてしまうからです。再度申込みをするなら、6か月以上経過してからにしましょう。