専業主婦が審査に通過しやすい条件を知ろう

カードローンの審査に通過したいならば、専業主婦でもどういった場合に通過できるのか、反対にどういった状況なら通過できないのかという点について知っておく必要があります。専業主婦は自身に収入がありませんので、お金を借りるとなると配偶者の方の属性などが審査の際に基準とされます。即ち、収入のない専業主婦が借りるとしたら、配偶者に安定した収入があることが条件となるのです。ただ、それだけでは審査に通過することはできません。

専業主婦が借りられる可能性の高い銀行カードローンでは、属性を元にしてスコアリングが行われ、個人信用情報が照会されます。そして、本人確認書類が精査されるという手順で審査が行われます。最初の段階である属性のスコアリングにおいて、審査で落とされてしまうことも多くあります。これは、申込んだ専業主婦に返済能力があるかを確認するために行われるのです。確認されることは、配偶者の年齢や職業、勤務先や勤務形態、そして年収や勤続年数に関してなど様々とあります。

この属性確認においては、安定収入を今後も得ることができるか、決まった額を毎月返済していくことができるかと言った点が、特に重視されます。そういったことから、返済能力に関する項目がより重要視されるのです。機関によって多少異なる部分はありますが、基本的には年収や勤務先、そして勤続年数です。公務員は安定していますし、勤務先が大手の企業であれば評価は高くなるでしょう。よって、個人事業主として働かれている方もいると思いますが、安定性に欠けると言う点で、不利になってしまいます。勤務年数については、配偶者の方が3年以上勤務されているのであれば問題はありません。

カードローンの審査では、配偶者の方が過去にどの程度借入をしているかという点も審査されます。この際には、業者が個人信用情報機関のデータベースにアクセスすることで照会するのです。訪れたデータベースには、その方が借入をした履歴やどこから借りたのか、そして返済についてはどの様になっているのかといったことが記録されていますので、申込んだ金融機関にも把握されるということになります。ただ、借入をしたことがないからと言って評価があがるということでもありません。クレジットカードを作ったことがない方や、借入をしたことがない方よりも、利用した額や借りた額はきちんと返済し、クレジットヒストリーを積み上げている方が有利となることがあるのです。