専業主婦がカードローンを利用するメリットやデメリット

専業主婦がカードローンを利用するなら、メリットやデメリットについても知っておきましょう。メリット面としては、低金利となっている銀行のカードローンを利用することができるという点が挙げられます。金利が低いということは、返済しなければいけない額を少なく抑えることができるということです。家計を預かる主婦の方にとっては魅力となるのではないでしょうか。また、銀行のカードローンを選択されるなら、収入証明書を提出する必要がないと言う点もメリットになります。

貸金業法では、総量規制によって1つの業者から50万円以上借りる場合か、他業者からの借入も含めて100万円以上になる場合は源泉徴収票や給与明細書などといった収入証明書を提出する必要があります。収入証明書を準備することは手間となることもありますが、銀行のカードローンであれば1社から借りる額が100万円から300万円までならば収入証明書の提出が必要ではないので、収入証明書を用意しなければいけないという場面もあまりないと考えられるのです。専業主婦の方にもまさにうってつけと言えます。

専業主婦の方がカードローンを利用する際のデメリットは、借りられる機関の選択肢が少なくなってしまうという点です。専業主婦の方であれば、配偶者の方の収入を担保とする銀行のカードローンのみが借りられる手段と言えるのです。お金を借りる機関としては消費者金融もありますが、消費者金融は総量規制の対象となるために、収入のない方はお金を借りることができないのです。よって、自身の収入がない専業主婦の方は消費者金融は選択肢から外さなくてはいけないと言えます。

また、専業主婦の方は借りられる額が少ないという点もデメリットとなるでしょう。主婦の方でも、パートなどをして自身の収入がある場合には50万円ほどまで借りられるとしたら、専業主婦の方は10万円から30万円程度となるのです。また、借りられるかどうかは、配偶者の方にかかってくるとも言える点もあります。専業主婦の方がカードローンを利用する場合には、その配偶者の方が審査されます。そういったことから、申込んだ専業主婦の方自身に問題があるわけでなくても、もし配偶者の方が金融事故を起こしていることや収入が安定していない方であるとしたら、妻である専業主婦の方は審査に通過できなくなってしまうでしょう。もしカードローンを使ってお金を借りたいのであれば、こうした点も覚えておく必要があるのです。