専業主婦がカードローンを利用する際の審査について

専業主婦の方がカードローンを利用するためには、審査を受けることになります。では、その審査の基準はどの様になっているのでしょうか。審査基準は、カードローンを扱っている業者で公表はされていません。一般的に見ますと、職業や年齢などといった申込んだ業者の借入の条件について満たすことができていたなら、通過できるでしょう。金融に関する審査というのは、融資されたお金をきちんと返済できるかどうかがカギとなります。よって、申込みの際には自身にお金を貸したとして、きちんとあなたが返済をできる人であるかを、業者側の見方で考えてみることも一案です。

では、審査に落ちてしまう方はどういった方なのでしょうか。それは、これまでに借金をしたことがあるということや、クレジットカードの支払いや携帯電話の料金、公共料金といったものを滞納した経験があるということが挙げられます。また、今の時点で3社以上から借入をしている方や、自己破産や債務整理(過払い金の請求や任意整理など)をしたことのある方も審査に落ちることが考えられます。

さらに、申込み時に、申込み内容で嘘の申告をしたことや、誤字脱字や記入漏れや記入間違いによっても借入ができなくなってしまいますので、十分に注意する必要があります。申込みの際には、記入内容をきちんと確認することが大事なのです。そして、限度額を必要以上に高くしないことや、複数件の業者に一気に申込みを行わないことも覚えておきましょう。一度に複数社に申込みを行うと、申込んだと言う事実が個人信用情報機関というところに記録されますので、申込みブラックとされてしまい、審査で不利になってしまうことがあるからです。

カードローンでは、審査の段階で勤め先に『本当にその会社に勤務しているのか』という点を調べるために在籍確認と言うものが行われます。専業主婦がカードローンに申込む場合は、配偶者が安定収入を得ているということが条件とされることがあります。しかし、通常は配偶者である夫の職場に在籍確認をされることはないのです。よって、借入をしたことが夫に知られることもないでしょう。ただ、中には配偶者の職場に在籍確認をするとしている業者もありますが、この場合はカードローンの審査だということがわからないように電話がかけられますので、問題はないと言えます。もし夫に何の審査なのか問われたとしたら、クレジットカードの審査だったなどと言うことも一案です。