返済ができない!専業主婦に督促状が届いた場合はどうするか

専業主婦の方がお金を借りたとして、返済ができなくなってしまうということもないとは言い切れません。そうなると、ご自宅に督促状が届いてしまいます。そうなった場合の対処法についても知っておかなければいけないでしょう。返済ができず、今後もできそうにないと言う状況になりましたら、まずはそれがわかった時に早急に借入をしている業者に連絡をして相談をすることが最も適していると言えます。

連絡をしたら、ご自身がどういった状況であるかを話し、返済をする意思はあるのだということを示すことで、業者側も返済について計画を調整してくれる可能性があります。今の状況で返済を今後することはできないだろうと考えられる場合には、債務整理を行うという手段もあります。債務整理をしてしまうと、個人信用情報機関に債務整理をしたという事実が記録されてしまいますので、今度借入ができなくなるだろうという見方もあります。

ただ、最短で5年間ほどお金が借りられなくなるものの、債務整理をすることで現在抱えていらっしゃる債務を減らすことができますし、今の段階では借金を減らすことの方が重要だと考えることもできるのではないでしょうか。債務整理には種類があり、その中には任意整理というものがあります。こちらは、弁護士に依頼したうえで行うことが通常です。配偶者に知られることなく行えますし、弁護士が様々な手続きをしてくれるため、千号主婦であるあなたにもうってつけの方法です。

弁護士に依頼すると、弁護士はお金を貸している側に受任通知書を送付します。よって、この時点からお金を貸している業者から督促はされなくなるのです。もしも過去に過払い金があるならば、借金の残高が帳消しになることやお金が返ってくることもあるかもしれません。借金がなくなったなら債務整理の事実は記録されませんので、債務整理の案件の実績がある弁護士事務所などに相談することも一案です。

この他には、個人再生という方法もあります。この方法は裁判所を通して行うものです。裁判所に認めてもらうことができれば、減額になりその額を3年間かけて返済していくことになります。これから先に安定収入が見込め、減額になることで返済が可能であるならば、個人再生の道もあります。また自己破産もありますが、自己破産の場合は借金自体がなくなります。それでも、20万円までの現金以外には、住宅や高価な資産などを手放す必要があることは、覚えておくことが大事です。